忙しくも楽しい毎日、、、を目指せ

アスペルガー症候群ADHD症状をもつ息子との奮闘記

教育と個性の狭間で見えたもの

 今日は、また息子が家出をしてしまいました。

お昼ご飯前までは、学校に提出する書類の関係で、志望校の絞り込みと

見直しも兼ねて一緒に調べていました。


息子はパーカーのフードを被ってしまったり、話をさえぎったり、、、


失くした資料を一緒に探したり、たまにつかみ合い(汗)も交えながら、

二人ともエネルギーを随分と使いました。


ああ、そしてなんと随分と時間がかかることでしょう、、、!


昨日に終わるはずが、今日までかかり、今日はもともと母のお墓参りに

行く予定だったけれど、行けるかどうか。


そんな状況に、私は少しいらいらしていました。


もう、お昼の時間です。


「お昼ご飯だから、つづきは後でね。」

と言い、気分を変えて少し大きな音量で音楽を聞く♪♪♪



気分が変わって、お料理に専念、、、!

と言っても、作り置きしておいたものがほとんどですけど、それでもなんとか

そろえて、息子を呼びました。



ところがどうでしょう、返事がありません!

「御飯よ~!」

「御飯よ~!」

2回、そして3回呼びました。


部屋に行きました。気配も姿もありません。


玄関へ行って靴をみました。黒いサイズが大きなアディダスの靴が、

なんとありません、、、!


せっかく、せっかくご飯を作ったのに~(ほぼ作り置きだけど)、

進路の話もご飯を食べ終わってあと、30分くらいで終わったのに~

と、泣きたい気持ちでいっぱいでした。

また、スケジュールを崩された、と。人を思う気持ちを無駄にされた、と。


こういう時は神頼みのネットです。

理解不能なこの溝を埋めるべく、文字を入れます。

「計画 つぶれる ADHD」

そのままむしゃくしゃな気持ちを言葉にして入れ込みました。


この文献がヒット、、、!

----------------------------------------

大人の発達障害の特徴 

http://get50.net/hattatu/adhd-keikakusei.html 

提供:シオノギ製薬・日本イーライリリー

         (ストラテラで有名な会社)


計画性がなく、管理が不得手

 発達障害者は、私物の管理をはじめ金銭、書類、食事、掃除、睡眠など、日常生活全般にわたるもろもろの管理が例外なく苦手です。

管理とは、簡単にいえば「何かをするときに、その方法や手順、時間配分などを考え、計画的におこなうこと」です。発達障害の人はこれらがうまくできません。

 片付けは大の苦手で、時間の使い方も無計画、就寝、起床時間はいつもバラバラで遅刻の常習犯です。思いつきで約束したり、安請け合いをすることも多く、結局それを守れない。もともと先の見通しやビジョンを描くのが苦手なので、目標に向かってコツコツ勉強したり、お金を貯めたりすることができません。

 お金の使い方もまるで計画性がなく、しばしば衝動買いや借金をくり返します。基本的に人がいいので、のせられやすく、誰かに利用されたり、だまされることも少なくありません。

 また、書類の管理も苦手で、レポートなどはまず期限までに提出きません。栄養のバランスを考えられないので、偏食になったり、暴飲、暴食で体を壊したりします。こうしたライフスタイルに問題があると、どうしても世間の目は厳しいものになります。しかも、社会や組織のルールより自分のルールを優先してしまうので「わがままなヤツ」となり、疎まれやすくなります。その結果、孤立感が深まりうつ状態に陥ることが多くなります。

----------------------------------------



私が息子のためと思って、教育していた事が、いかに息子にとって

難しい要求だったのか、、、

読んでいて、霧が晴れたような気持ちと共に、すこし可笑しくなって

しまいまいした。

私が教育と思ってやっていた事は、息子にとって、なんてミスマッチだったんだろうって。


アスペルガーやADHDについて書かれている文献はたくさんあるけど、

これは、スッと入ってくる文章です。

なんだか、思いやりが感じられる。


アスペルガーに加えて、ADHDの傾向もある息子。


苦手だから、時間がかかってもしょうがないし、もっとタスクを細かく分けて、

ひとつずつできたら、褒めて、最後にそれらを組み合わせて一つの情報に仕上げる

という事をすれば良かったのかもしれません。


ああでも、一人前に働ける大人になって欲しい、、、こんな進路の事をまとめあげる

くらいで、こんなに揉めていてはお先真っ暗です。。。


デスクワークなんて。。。。。


そこで、

シオノギ製薬・日本イーライリリーさんが提供するHPのメニューにあった

これも見てみました。



発達障害の人に向いている職業と向いていない職業

http://get50.net/hattatu/a-syokugyo.html


そこに、なんと昨日息子がなりたいと言っていた、

グラフィックデザイナーがあります。


以前に他のHPで見たかもしれないけど、タイムリーに見ると、

新鮮♪


なんとかその線で、頑張っていって欲しいです。


帰ってきたら、伝えるつもりです。


そして、、、私は出来る限り、一緒にご飯を食べたいな。


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。